ED治療薬の効果や特徴をご紹介!ED治療薬を徹底比較!

ED治療薬とはどのような薬なのか。効果や副作用、価格について詳しくご紹介します。3大ED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスを徹底比較!そのほかに効果を引き出す飲み方などED治療薬についてご紹介します。

*

ED治療薬は勃起不全を改善するのに効果的

EDとは、「勃起機能の低下」を意味します。完全に勃起が不能な状態だけに限らず、勃起に時間を要したり、勃起しても短時間で萎えてしまうなど、性交に満足できないような状態を指します。

一般的に年齢が高くなるにつれて、勃起不全になってしまう確率は高くなると言われています。しかし、最近では高齢の人だけがなりやすいだけではなく、年齢に関係なく若い男性でも起こると言われています。

不規則な食生活や現代社会のストレスや、運動不足、喫煙や多量の飲酒などの生活習慣の乱れが原因となってEDになるリスクは高まります。

EDの改善には治療薬の服用が効果的

勃起不全を改善するためには、専用の治療薬などの服用が効果的とされています。現在ED治療薬には、主にバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。中でもバイアグラは、世界で初めて開発されたED治療薬です。唯一特許が取れて後発品も存在しており、知名度が高くてよく使用されている薬です。

基本的にはどの治療薬を服用しても1時間以内に効果が発揮されるので、必要となる1時間ほど前に服用すると良いです。服用後、勃起した状態が持続するのではなく、刺激に対して勃起する作用を持っているので、日常生活に支障をきたすことはありません。

EDの原因は3つある

勃起不全の原因には、大きく分けて3つあると言われています。社会のストレスや異性の失言が原因となる心因性のもの、生活習慣の乱れや加齢や血管や神経に障害が出る器質性のもの、薬の副作用が原因となる薬剤性のものが挙げられます。したがって、糖尿病や高血圧、心臓病など生活習慣病を抱えている方は、さらに勃起不全になるリスクが高くなります。

ED治療薬以外の治療法

ED治療薬は、一番よく利用されている勃起不全改善の治療です。この治療以外にも手術や器具の使用、ホルモン療法や心理療法などもあります。治療を行う際には、医師の診断によって、その人の原因となるものを探り、その人に最も合う治療法を提案します。もちろん、自分の希望する治療法を選択することも可能です。

ED治療は保険適用外のため自費

治療は、自由診療となり保険が適用されませんので、診察代や治療費、薬代などもすべて自費となります。したがって、治療費な医療機関によって全く異なります。治療法や治療費については事前に医療機関のホームページで確認するか、直接問い合わせすることが望ましいです。治療そのものだけではく、医師との信頼関係も重要となりますので、信頼関係が築ける関係であれば、より改善に近づくでしょう。

ED治療薬の効果(作用機序)

勃起障害の原因は年齢だけではありません。身体的及び精神的なストレスや、不規則な食生活、運動不足、喫煙と飲酒など生活習慣も大きく関わっています。生活習慣が乱れていると糖尿病や動脈硬化などの病気を発症しやすい状態となり、全身の血流が滞りやすい状態を引き起こします。

勃起障害の場合は性器の血管が硬く広がりにくい状態になり、勃起に必要な量の血液が流れず勃起が起こらないという症状が出てしまうのです。生活習慣が関係している場合もあるので、年齢関係なく若い人もEDになるリスクは高いと言えます。

ではこのED治療薬がどのように症状を改善しているのか、作用機序を説明していきます。薬の主な成分はシルデナフィルという物質で、元々は狭心症の治療薬を開発する過程で生まれた成分でした。

ED治療薬はには血流をよくする効果がる

シルデナフィルという物質自体には血管を広げるという効果があり、その副作用として勃起力の増加もみられたということがきっかけで、徐々に改良されてED治療薬としてシルデナフィルが使用されるようになったのです。

男性器の勃起には、環状グアノシン一リン酸という物質が深く関係しています。そもそも男性器の勃起のメカニズムは、性的興奮を感じることで脳から神経を介して一酸化窒素が放出され、環状グアノシン一リン酸が増えます。この物質が男性器の中で増加することによって、男性器内の血管が拡張し勃起するという仕組みになっているのです。

ED治療薬は勃起を促進させる働きをする

しかし日常生活で常に勃起している状態では、生活に支障が出てしまいますよね。そのため勃起を抑えてくれている物質も、体の中に備わっています。それがホスホジエステラーゼという酵素です。この酵素は男性の勃起を抑制する効果を持っており、日常生活に支障が出ないよう普段体の中で勃起を抑制してくれているのです。

つまり勃起不全は、勃起力を抑えるホスホジエステラーゼという酵素が、勃起をさせる環状グアノシン一リン酸の量を上回ってしまった状態になっています。この状態を改善してくれるのが、始めに説明したシルデナフィルという成分なのです。

シルデナフィルは、勃起を抑制する酵素を分解する働きを持っています。つまりシルデナフィルは過剰に分泌されているホスホジエステラーゼを分解し、勃起を促進させる環状グアノシン一リン酸の働きを助けてくれるのです。

現在日本では、主に3種類の薬が承認販売されています。生活習慣を見直したり、自分に合った薬を使って症状を改善していきましょう。

公開日: